アゴジラの森本

暴飲暴食、体重過量、運動不足、不規則な生活、仕事などのストレス、高齢化など複数の素因が融合すると、インスリンの分泌量が少なくなったり、働きが鈍化したりして2型糖尿病ICD-10:E11)を発病するのです。
500以上もの働きを持つ肝臓に脂肪やコレステロールが多く蓄積した脂肪肝(しぼうかん、fatty liver)という病気は、脳梗塞を筆頭に非常に多くの合併症の誘因となる可能性が高いといわれています。
UVB波は、UVA波より波長が短いという特性があるのでオゾン層を通る際にその一部が吸収されるものの、地上に届いたUV-B波は皮ふの表皮の中で細胞のデオキシリボ核酸(Deoxyribo Nucleic Acid)を壊したりして、肌に良くない影響をもたらすことが明らかになっています。
薬や酒に含まれるアルコール、色々な食品の添加物などの物質を特殊な酵素によって分解して無毒化する働きのことを解毒と呼び、肝臓が果たす大切な職責のひとつだと言えるでしょう。
自分で外から観察しただけでは骨が折れているのかどうか判別できない場合は、違和感の残る地点の骨を優しく指で押してみてください。そのポイントに強い痛みを感じたら骨折の可能性があります。
体脂肪の量はさして変化がみられず、体重が飲み食いや排尿などによって短時間で増減する際は、体重が増えた人の体脂肪率(percent of body fat)は下がり、体重が減った人の体脂肪率が上がることがわかっています。
AEDというものは医療資格を有しない方にも利用できる医療機器で、機器から流れる音声ガイダンスの手順に沿っておこなうことで、心室細動に対する緊急処置の効果をみせてくれます。
人間の耳の内部構造は、外側から順番に「外耳(outer ear)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」に分類することができますが、この中耳の辺りに黴菌やウィルスなどが感染することで炎症が誘発されたり、液体が滞留する病気を中耳炎と称しています。
脚気(かっけ)の症状は、手や脚が無感覚になったり下肢の浮腫みなどが代表的で、進行してしまうと、残念なことに、呼吸困難に至る心不全も誘引する可能性があります。
数あるギプスの中でもグラスファイバー製のものは、強靭で軽量なのに長く使うことができ、シャワーなどで濡れても使えるというメリットがあるため、いまの日本のギプスの中でも定番だと言われています。
安い葬儀 下関市
緊張性頭痛とは肩凝り、首の凝りが原因の患者数が多い慢性頭痛で、「頭を力いっぱい締め付けられるような強い頭痛」「重いような鈍い頭痛」と言われています。
20代、30代で更年期がやってきたとすれば、医学的には「早発閉経(そうはつへいけい)」という病気のことを指します(日本においては40才以下の女の人が閉経してしまう状態のことを「早発閉経(early menopause)」と呼んでいます)。
耳鼻科で診てもらえる花粉症とは、山林のスギやヒノキ、マツ、ブタクサなどの様々な植物の花粉に誘発され、くしゃみ・皮膚のかゆみ・喉の痛み・鼻水などの辛くてゆううつなアレルギー症状を引き起こす病気として日本人に定着しています。
クシャミや鼻水、鼻づまりに目の痒み・ゴロゴロする異物感などの花粉症の諸症状は、アレルギーの誘因である花粉の放出量に比例するかのように深刻化するという性質があるそうです。
基礎代謝というのは人間が横になっていても使ってしまう熱量であり、その半分以上を全身の様々な筋肉・最も大きな臓器である肝臓・大量の糖質を必要とする脳の3種類で消費するということはあまり知られていません。